• NLPのメタプログラムが進化して開発されたLAB(ラブ)プロファイル®は、人の言葉と行動を分析し、相手の思考パターンを把握するスキルです。
    LABプロファイル®のLABは、Language and Behavior の頭文字をとったもので、言葉(Language)と行動(Behavior)の関係性をプロファイル(分析)するというものです。
    このスキルは、相手に質問を投げかけ、返ってきた言葉から相手の思考特性を把握することで相手が行動しやすい言葉を選んで使うことができるようになるもので、「心に影響を与える言葉の魔術」とも言われています。
    日常の会話でももちろんのこと、クライアントとの信頼関係構築、採用面接、セールス(販売)などの場面や、リーダー、管理者、コピーライター、経営者など様々な方に効果的に活用いただけるスキルです。

  • このプロファイリングスキルは、NLPという心理学と起源をともにします。
    (※1970年代にカリフォルニア大学に在籍していたリチャード・バンドラーとジョン・グリンダーが研究をスタートさせた心理学)
    NLPの初期の研究者であるリチャード・バンドラーの当時の妻、レスリー・キャメロン・バンドラーが中心となって、著名な言語学者であるチョムスキーの業績を応用しました。
    キャメロンは、思考や行動には人それぞれによって違いが表れると仮定し、セラピストとしての経験を元に約60のパターンを特定し「メタ・プログラム」と名付けられました。
    そして、この「メタ・プログラム」は、引退したキャメロンの教え子であったロジャー・ベイリーらにより、IPUプロファイル(後のLanguage and behavior profile® )としてマニュアル化されていきます。
    その後、ベイリーのフランスでのワークショップの通訳を勤めていたシェリー・ローズ・シャーベイによって、1995年に『「影響言語」で人を動かす』が著され、世界中にLanguage and behavior profile®が広がっていくことになります。その結果、世界中の名だたる企業や団体がシェリーから学ぶことになりました。
    シェリー氏は、欧州議会、カナダ政府、マイクロソフト、IBMなどをクライアントに持つ影響言語LABプロファイル®の世界的権威です。
    そしてそのシェリー氏から直接トレーニングを受け、コンサルタント&トレーナー資格を付与された講師が今回のトレーニングを担当いたします。

  • 【ビジネス分野】
    エア・カナダ
    アライドシグナル・エアロスペース
    アンダーセン・コンサルティング
    アストラゼネカ
    ベル・カナダ
    ザ・ボディショップ
    カナダ太平洋鉄道(CP Rail)
    クレディ・アグリコル地域金庫(モンペリエ)
    カナダ帝国商業銀行(CIBC)
    Coach2Coach(スウェーデン)
    カナダ帝国商業銀行(CIBC)・インシュランス
    コンピュータ・サイエンス・コーポレーション
    フィラデルフィア連邦準備銀行
    フュージョン・エンターテイメント
    (ハリウッド カリフォルニア州)
    IBMフランス
    IBMヨーロッパ
    ローソン・エンタープライズ・ソフトウェア
    リーガル・アンドジェネラル・インシュランス
    ロータス・デベロップメント
    マイクロソフト
    ノキア(ヘルシンキ)
    ピアソン・エデュケーション
    カナダ・ロイヤル銀行(RBC)
    カナダ・ロイヤル銀行(RBC)・インシュランス

    【政府団体】
    カナダ農務・農産食品省
    フィンランド銀行(ヘルシンキ)
    フランス銀行
    カナダ税関歳入庁(CCRA)
    バーリントン市 (オンタリオ州)
    カナダ国防省
    国立行政学院(パリ)
    フランス電力/フランスガス
    欧州委員会(ブリュッセル)
    欧州議会(ルクセンブルグ)
    フィンランド外務省(ヘルシンキ)
    カナダ保健省
    カナダ人材資源開発省(HRDC)
    教育省(カナダ・ニューブランズウィック州)
    司法省(オンタリオ)
    カナダ運輸省
    ユネスコ(パリ)

    【教育分野】
    トロント大学ジョゼフ・L・ロットマン・スクール・オブ・マネジメント
    リチャード・アイヴィー・スクール・オブ・ビジネス
    ロットマン・スクール・オブ・ビジネス(トロント)
    シェリダン・カレッジ
    モンクトン大学
    ヘルシンキ大学