入会企業様インタビュー入会企業様インタビュー

入会企業様の声をご紹介いたします。
入会企業様に、グローイング・アカデミーへの期待、活用方法についてお伺いしました。

株式会社 興学社 様

興学社の池田晃社長。学習塾から始まり、現在は「胎教からお年寄りまで」が学ぶことのできる生涯教育機関を目指している。

今回は首都圏・関西を中心にさまざまな学習塾・教育機関を運営している株式会社興学社様にお話をうかがいました。
同社では「教育者」と「保護者」と「本人」の三つの力を合わせる「協育」を理念に掲げ、進学塾や英会話学校、パソコン教室など、幼児からお年寄りまで幅広い年代を対象に、20近い教育ブランドを展開しています。
600人以上の講師を率い、社員研修にも力を入れるまさしく「教育のプロ」の目に、グローイング・アカデミーはどう映っているのでしょうか。インタビューには池田晃社長にお答えいただきました。

今回受講していただいた講座は次のとおりです。

  • <池田社長>
  • 出来る上司は知っている“部下育成U・コーチング入門”
グローイング・アカデミーにご入会いただいた背景をお聞かせください。
「教える者こそ学ぶべき」という方針のもと、600人以上の講師に対する教育研修に注力している。
池田社長:
学習塾は少子化で大変な時代を迎えていますが、この逆風のなかでも業績を伸ばしている塾があります。
そして業績を伸ばす塾には必ず、確かな研修システムと教育理念があります。
当社も社員研修には力をいれており、例えば講師が教壇に立つまでには「新人講師導入研修」「教科別研修」「教室別研修」の3つの研修をクリアしなければなりません。他にも「管理職研修」や「ニューリーダー研修」など徹底した研修で講師を育ててきました。
しかし、社内研修だけではどうしても内容が偏ってしまいます。もともと教育業界は内向的な人が多い。生徒と生徒の保護者のほかは教材業者くらいで、ほとんど外部の方と接しなくても済んでしまうんです。
こんなに狭い世界だけにいたら世間一般とさまざまな面で認識のズレが生じてしまう恐れがあります。悪く言えば世間知らずです。異業種交流会への参加も検討したことはありますが、人脈を広げると言っていても実利だけを求めて集ってくる方が多い。もっと当社に合う外部の研修機関はないかと探していたのです。
実際にグローイング・アカデミーを受講された感想をお聞かせください。
池田社長:
最初はとにかく価格に驚かされました。低価格なのは内容もそれなりなのでないかと思ったのですが、実際に受講してみるとその内容の充実ぶりに驚きました。正直、これで採算が合うのかと今でも心配しているほどです。
また研修ではいろいろな業種の方とご一緒できるのが素晴らしい。ラーメン店など飲食店を経営されている方、独立して新たに事業を起こされている方、教育業界の研修では出会うことがないような方々と知り合え、意見交換ができることはまさに当社が求めていた研修です。
机上の理論ばかりではなく、講師の方は実際の現場を経験したことがある方ばかりで、非常に具体的な内容になっている点にも魅力を感じています。実践なき研修は意味がありません。受講した当社の講師にも研修内容をなにか一つでも実践するように言っています。
これまで、御社内での社員研修はどのように行なわれていたのでしょうか。
興学社では総合研究会「興学社大学」を全国で開催。民間教育における地域活性化を図っている。
池田社長:
理念なき教育がいかに空虚で不毛なものか、教育環境や教育理念がいかに大切であるかを私たちは痛感してきました。当社では従業員全員が「協育」理念を共有することを何よりも大切と考えています。
当社が考えた言葉だけでなく、先人が残した言葉も含め、当社の理念を「興学社学園フィロソフィー」として文書にまとめ、講師の自己研鑽や保護者の方への子育て処方箋、生徒本人の意欲喚起などに役立てています。
この興学社学園フィロソフィーに出てくる一語一句は、当社の講師ならすべて覚えていなければなりません。毎年9月には3日間に渡り、研修会「興学社大学」を開催しており、そこでは当社講師による研究発表、外部講師の講演などが行なわれ、充実した内容になっています。
100人程の規模でスタートした研修会が現在では600人以上の当社の全講師に加え、他塾・他校からも多数の参加をいただくなど、私塾最大規模の研修会となりました。
当社の研修は、質・量ともに私学界では有数と自負しています。
グローイング・アカデミーへの要望・期待などがあればお聞かせ下さい。
池田社長:
講習内容がどちらかというと、基本的なことが多いような気がします。現在の講座を初級編として維持しながら、中級、上級編も用意していただけないでしょうか。
同じテーマで、ステップアップしながら受けられるような、連続性のある講座があればもっと受講しやすくなると思います。
これからグローイング・アカデミーに入会し、受講しようと検討している企業にメッセージをお願いします。
池田社長:
グローイング・アカデミーはこれまでにない研修システムです。
参加者同士がお互いに刺激を与え合いながら、勉強できる貴重な場を提供してくれます。研修というのは即効性はありません。受講をルーティン化して活用していけば、いずれは成果となって表れるものです。長く続くか心配はいりません。グローイング・アカデミーの講座は面白いので、1度受講すれば次にまたすぐ行きたくなります。
<編集後記>
インタビューの際、「興学社学園フィロソフィー」をいただきました。私塾界のバイブルと呼ばれるほど、他の塾の関係者にも知られている有名な小冊子だそうです。
教育者と保護者、生徒本人それぞれに向けて、含蓄のある言葉が沢山つづられています。
受験生の子どもを持つ私も娘と一緒に何度も読ませていただいています。

お問い合わせ・資料請求


ページの先頭へ戻る

ページ上部へ戻る