深刻な人手不足を乗り切る攻略法

昨今の深刻な人手不足については、過去にいくつか関連する記事を載せておりますが、今回はそんな人手不足時代を攻略するためのヒントをお伝えします。

人手不足が深刻なことは周知の通りです。では企業は人手不足に対してどのような対策を行っているのでしょうか。また、その対策は効果が出ているのでしょうか。以下厚生労働省が公表した「令和元年版労働経済の分析」より抜粋。

我が国を取り巻く人手不足等の現状②
人手不足の対応で実際に企業が取り組んでいる内容は、
・求人条件の改善や採用の強化といった人材確保策が主であり、
・企業に入ってからの雇用管理の改善や働きがいを高めるような取組は不十分。
⇒ 仮に採用できても、定着率や離職率が改善されなければ、人手不足は緩和されない懸念。

昨今の深刻な人手不足の対策では、いかに人を辞めさせないかがポイントになってきます。そのような中、採用面をいかに強化しても、入社後の早期離職が多いと、掛けた費用はムダになってしまい本末転倒です。しかし我が国の多くの企業はこのような実態に陥っています。

では具体的に、どのような取り組みをすれば良いのでしょうか。以下、同分析より抜粋。

「働きがい」をもって働くことのできる環境の実現に向けて①
「働きがい」の向上により、定着率や離職率に加え、働く方のストレス・疲労感、労働生産性、顧客満足度等が改善する可能性あり。<中略>正社員については、若い社員、下位役職者の「働きがい」が低い傾向。
⇒「働きがい」向上には、コミュニケーションの円滑化、労働時間の短縮や働き方の柔軟化、裁量権の拡大、将来のキャリア展望の明確化などが有効な可能性あり。

定着率、離職率の改善で重要なポイントとして、「働きがい」が挙げられています。同分析と併せて、過去にグローイング・アカデミーが実施したアンケート調査もご紹介いたします。

働く人に聞いた「辞めない理由」
1位:円滑なコミュニケーションができる
2位:充実したトレーニング制度(教育制度)が整っている
3位:適正な評価・昇給・昇格の制度(基準)がある
<調査方法>
弊社サービス「グローイング・アカデミー」の受講生にアンケートを実施
※27項目から複数回答可

純粋な人を増やす取り組みとして、採用面の強化も大切ですが、それ以上に採用後のフォローや働き方の改善、また今いる社員のバックアップなど、定着率、離職率が改善される取り組みが企業には求められます。このような取り組みがしっかりと行われて、社員が過ごしやすい環境が整っていると、今いる社員の離職を抑え、戦力化できると共に、そのような企業には、自然と人が集まって来るものです。まずは、社員にここで働きたいと思われるような、雇用管理や働きがいを感じてもらえる取り組みを実施してみてはいかがでしょうか。

今回の記事が、皆様が直面している人手不足の深刻な問題を解決するヒントとなりましたら嬉しく思います。また「グローイング・アカデミー」では、この人手不足を改善するための、より詳しい情報をお届けしている無料セミナーも開催しておりますので、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。(<無料>人手不足改善セミナーの詳細はこちら

グローイング・アカデミー 担当者グローイング・アカデミー担当者

投稿者プロフィール

株式会社ホスピタリティ&グローイング・ジャパンにて、
各種サービスの企画担当を経て、現在はマーケティング部門にて編集を担当。
学生時代は居酒屋店員として4年間のアルバイトを経験し、飲食店の現場事情に精通。
今でもお店を訪れるとスタッフの動きが気になってしまう、自称『店舗事情ウォッチャー』。

この著者の最新の記事

関連記事

どんな人でも育つ仕組みを提供する会社です どんな人でも育つ仕組みを提供する会社です 社長対談企画 社長対談企画 ハラスメント研修 ハラスメント研修
ページ上部へ戻る