強い組織を作るためのヒント!ダイバーシティ時代を生き残るためには

昨今、ダイバーシティという言葉をよく耳にします。(※ダイバーシティ=多様性)その背景には、現在日本で起きている人手不足による採用難が関係しているのではないでしょうか。

外国人や高齢者などの雇用に、これまで以上に力を入れている企業は年々増えています。これはむしろ組織が成長する大きなチャンスではないでしょうか。外国人や高齢者といった多様な人材が集まり、関わることで、従来では想像できなかった画期的なアイデアが創出される可能性が高くなります。

この記事では、人手不足が深刻な現状を利用して、強い組織を作るためのヒントをお伝えできればと思います。

まず、前述した通り多様な人材が集まることで、それまでは思い付くことができなかったアイデアが創出できたり、自分にはない知見を持っている人と関わることで、刺激を受けて新たな気付きを得る機会が増えます。

そのように考えると、外国人労働者は、その国特有の考えを持っているので、日本人ではなかなか思いつかない考え方のヒントを与えてくれるかもしれませんし、高齢者であれば、若い世代に対して、それまでの人生経験を活かした的確なアドバイスに期待ができます。

また、障がい者雇用についても、CSR(社会的責任)を果たし、企業としての価値の創出を目的とするだけではなく、障がい者と健常者が業務上で密接に関わることで、互いに切磋琢磨することができます。それ以外にも、障がい者が健常者と同様の成果を上げるための業務上の工夫は、健常者の普段の業務の生産性向上の重要なヒントとなるかもしれません。

人手不足時代のいまだからこそ、このような多様な人材を採用し、企業価値の向上と強い組織の創出を企業には強く求められてきます。そして、このような取り組みに力を入れた企業が、この変化の激しい時代に成長し続けて、生き残ることができるでしょう。是非この機会に、多様な人材の採用に力を入れてみてはいかがでしょうか。

またH&Gでは、今回記事にしたダイバーシティ時代におけるマネジメント手法をお伝えするセミナーを1月と2月に開催いたします。採用難に伴い、外国人や障がい者、高齢者など今まで採用していなかった方々を雇用し、活躍していただくことは今後の企業成長に不可欠な要素です。是非この機会に、ご参加くださいませ。(【経営者・経営幹部向けセミナー】ダイバーシティ時代のマネジメントとは~上場 そして再起業。何を考え どう変えたか?~ 詳細はこちら

グローイング・アカデミー 担当者グローイング・アカデミー担当者

投稿者プロフィール

株式会社ホスピタリティ&グローイング・ジャパンにて、
各種サービスの企画担当を経て、現在はマーケティング部門にて編集を担当。
学生時代は居酒屋店員として4年間のアルバイトを経験し、飲食店の現場事情に精通。
今でもお店を訪れるとスタッフの動きが気になってしまう、自称『店舗事情ウォッチャー』。

この著者の最新の記事

関連記事

GA LIVE ハラスメント研修 GA LIVE ハラスメント研修
ページ上部へ戻る