自由に選べる研修とクリアな評価制度、月1回の面談で社員のモチベーションを高める

株式会社くりこ

株式会社 くりこ様 導入事例

今回お伺いしたのは、神奈川県横浜市にある「株式会社くりこ」様。『くりこ庵』などの直営店37店舗で、たい焼き・和菓子・天津甘栗等の食品加工販売をしている会社です。GROWING ACADEMY[以下、グローイング・アカデミー]をご利用いただいて現在7年目。加えて、評価制度も導入していただいています。サービス導入のきっかけや成果について、代表取締役副社長の磯貝幸太様にお話を伺いました。

——————————————————————————————————
index
 ・“仕事より人間力”と気づかされたグローイング・アカデミー
 ・研修期間後には一人前の社員になってほしいという願いを込めて
 ・社員からの素朴な疑問の声を受けて評価制度をスタートさせる
 ・社員がみな持っている成長意識が会社にとって大きな”財産”
——————————————————————————————————

“仕事より人間力”と気づかされたグローイング・アカデミー

グローイング・アカデミーを導入したきっかけは?

株式会社くりこ 磯貝様
磯貝様
7、8店舗の頃は現場ですべて教えていました。しかし、15店舗、20店舗と店舗数、従業員数が徐々に増え始めて、社内研修だけでは限界を感じるようになってきました。特に、若年層のアルバイトは、基本中の基本から教えなければならないので大変です。そこで、グローイング・アカデミーを導入しました。

他のサービスも比較検討されたそうですが、グローイング・アカデミーを選んだポイントは?

磯貝様
自分が受講したいと思う講座がたくさんあって、なんだか楽しそうだなと思ったんです。チームワークの高め方や、リーダーシップについてなど、それぞれの役職に適した研修内容が用意されていて「研修の種類が豊富だな」と感じました。費用面でも安いと思いました。研修=高いというイメージがあったので「こんなに手頃な料金でいいの!?」といい意味で驚きましたね。定額制のサービスであるため、従業員が増えても月額費用がかわらないのもよかったポイントです。

現在導入して7年目ですが、社員の方からはどんな声が届いていますか?

磯貝様
「学びの機会を与えていただいて、ありがとうございます」と言ってくれるスタッフがいたり、「受講後に自分でも本を買って勉強した」というスタッフがいたり。「会社は自分たちのスキルアップをきちんと考えている」と感じてくれているようです。これが、間接的に定着率の良さにつながっているのかもしれません。

人気がある講座は何でしょうか?

磯貝様
みなバラバラですが、若い女性スタッフにはホスピタリティに関する講座の人気が高いようです。「良かったよ」という口コミを聞くと参加してみたくなるようですね。

磯貝様から特定の講座を勧めることもありますか?

磯貝様
はい、あります。私自身、アルバイトや店長などさまざまな立場で店に立っていたので、役職や経験、レベルごとの悩みがとてもよくわかるんです。なので、各々の悩みに合わせた講座を選んで「この講座を受講してみたら?」と勧めています。会社として勧めているのは、社会人としてのマナー、QSC(クオリティー、サービス、クリンリネス)、クレーム関係ですね。
株式会社くりこ 磯貝様

磯貝様も実際に講座を受けてみて、何か新しい気づきがありましたか?

磯貝様
「仕事よりも、まずは人間力」ということを改めて認識しました。たい焼きをいくらきれいに早く焼けるようになっても、人間力が弱ければ社員としての魅力は半減してしまいます。講座でこうした内容のことを聞き、「あー、やっぱりそうだよなぁ」と確信しました。今は店長会議などでも「人間力」という言葉を多く使うようになりました。

“人間力”というのは具体的にどんなことだと思いますか?

磯貝様
人への思いやりとか、仕事に真面目に取り組む姿勢、公平性、厳しさなどいろいろあると思います。
人としての魅力と一言で片づけてしまえばそれまでですが、喜怒哀楽をシンプルに伝え、相手を前向きにできる人は魅力的です。思いやり、真面目さ、熱意、愛情、公平性、厳しさに楽しさと多岐にわたると思います。

研修期間後には一人前の社員になってほしいという願いを込めて

グローイング・アカデミーはどう運用していますか?

株式会社くりこ 磯貝様
磯貝様
採用後、社員登録前の研修期間(3カ月)中に業務として通学してもらっています。平均して10講座程度は受講しているでしょうか。多い方だと15講座を受講する人もいます。

基本は本人が受講してみたいと思う講座を自由に選んでもらっていますが、月1回面談を行っていて、そこで店舗でのスキルの習得具合とともに、グローイング・アカデミーの進捗状況や希望講座をヒアリングします。

この期間に受講させているのはなぜですか?

磯貝様
研修期間後には一人前の「社員」として店に立ってほしいからです。店舗でのスキル習得とグローイング・アカデミーの研修を並行して進めることで、「社員」として必要なスキルとマインドを身につけることができます。

頻繁に面談をしていらっしゃいますね。

磯貝様
月1の面談は、いわば何でも相談室。「自分がちゃんと店の戦力になっているのか不安」という悩みを聞いたときは、「そんなことはないよ、あなたのがんばりは他のスタッフの勇気づけになるし、店長の活力にもなっているんだよ」と励ましています。

御社は研修がすでに社内に根付いていますが、研修を定着させるポイントは何ですか?

磯貝様
「手間と時間を惜しまないこと」でしょうか。弊社では、採用後はじめての面談とその後の月1回の面談で、社員一人ひとりとじっくり向き合う時間を持っています。たとえば、採用後はじめての面談のときには、「研修期間後にはスキルとマインドを備えた一人前の社員になってほしい。だから、ぜひ研修を受けて」と研修の目的をきちんと伝えていますし、その後の面談では、受講のフィードバックを行います。ただ受講させるだけでなく、アフターフォローも重要だと感じています。
株式会社くりこ 磯貝様

なぜここまで社員教育に力をいれているのでしょうか。

磯貝様
今は人を採用するのが難しい時代。ですから、教育や待遇など職場環境を整えて、現場の声にしっかり耳を傾け、みなに成長してもらいたいんです。誰もが持っている成長意欲は会社にとって「財産」です。そして社員一人ひとりの「成長」が会社の成長につながると信じています。

社員からの素朴な疑問の声を受けて評価制度をスタートさせる

評価制度は運用2年目です。導入のきっかけは何だったのでしょうか?

株式会社くりこ 磯貝様
磯貝様
ES調査で「どうすれば給与が上がるんですか?」という疑問の声が上がったのが、評価制度導入のきっかけでした。スタッフが増えてきて、以前から評価制度を作らなければいけないなと思ってはいたんですが、いよいよこういう声が上がってきたので着手しました。

制度を内製しようとは思いませんでしたか?

磯貝様
社内にノウハウがまったくなかったので、最初からプロに任せようと思っていました。また、自社に合わせてカスタマイズできると聞いていましたし、すでにグローイング・アカデミーを利用していて、担当者の方と信頼関係も築けていましたから、安心してお願いできました。

カスタマイズしたのはどこですか?

磯貝様
行動目標のところです。通常は6項目のところを、みなで話し合って9項目にしてもらいました。ただ、1年運用してみて、少し多すぎたかもしれないと反省しています。

導入して現場の方の反応はいかがでしたか?

磯貝様
はじめての取り組みだったので、評価するほうもされるほうも最初は不安がありましたが、1年運用してみて、いまは問題ありません。

実際に評価制度を導入していただいて、感想はいかがですか?

磯貝様
自分の日々の行動が給与に反映される緊張感が生まれ、売上に対して情熱が芽生えました。これまでは、どこか他人事だった売上や原価率、人件費などが、自分事に変わりました。

社員だけでなく、評価者にとっても気づきが大きかったですね。「ああ、この子はこんなことを考えているんだな」と頭の中が見えるので、「ならば、その思いを何とか叶えてあげなければ」と上長としての使命感に火がついたようです。

もちろん、思いがあっても行動に落とし込んでくれないと評価には結びつきにくくなります。でも、数字に表れなくても、上司と部下で思いを共有できるようになったことは、大きな成果だと思いますね。

社員がみな持っている成長意識が会社にとって大きな”財産”

これからの御社の展望をお聞かせください。

磯貝様
今後は、一都三県に直営店を増やすだけでなく、FC展開も考えています。全国で行われる催事に積極的に参加したり、ゆくゆくはネット販売も手がけていけたらと考えています。
株式会社くりこ

今後、グローイング・アカデミーと評価制度をどのように活用したいですか?

磯貝様
研修については、今後も継続していく予定です。グローイング・アカデミー導入当時はなかったグローイング・モバイル(学習用スマートフォンアプリ)も2020年から導入します。評価制度については、業績と行動の目標をより分かりやすく明確にして、個々のスキルアップを給与につなげ、ES向上につなげたいと思っています。

会社の成長にとって必要なものは何だと思いますか?

株式会社くりこ 磯貝様
磯貝様
スタッフの成長と変化です。常に問題意識を持って自分の足りないところに気づき、変えるべきことは変えていく、変化を恐れずに成長していってほしいですね。誰もが持っている成長意識は、会社にとって大きな「財産」です。その成長のきっかけを社員に与えるのが、グローイング・アカデミーだと思っています。

実は売上を5年前と今とで比較すると、売上が2倍になっているんです。5年前は約8億1,000万円、いまは約16億円。これもグローイング・アカデミーで社員が成長してくれたおかげだと思っています。

編集後記

“人の成長が会社の成長の礎”と明言される磯貝様。人間力のある魅力的なスタッフになってほしいと、毎月面談で声をかけている姿勢に、一人ひとりの社員を大切に思う気持ちがひしひしと伝わってきました。すでに長いお付き合いをさせていただいていますが、今後もグローイング・アカデミーと評価制度が、株式会社くりこ様の発展に貢献できればとても嬉しいです。

お客様情報

株式会社くりこ

会社名
株式会社くりこ
従業員数
443名(正社員 57名、パート・アルバイト 386名)(2019年 10月 末日現在)
店舗数
37店舗(2019年 10月 末日現在)
資本金
1,600万円
業種業界
飲食料品小売業
事業内容
食品加工販売、たい焼き・和菓子・天津甘栗その他
売上
1,670,941千円(2019年 10月期)
URL
http://kurikoan.com/

資料ダウンロード/お問い合わせ

資料ダウンロード
お問い合わせ

関連するサービス

人財育成研修サービス グローイング・アカデミー
H&G PERFORMANCE REVIEW 人事評価制度構築

グローイング・アカデミー 担当者グローイング・アカデミー担当者

投稿者プロフィール

株式会社ホスピタリティ&グローイング・ジャパンにて、
各種サービスの企画担当を経て、現在はマーケティング部門にて編集を担当。
学生時代は居酒屋店員として4年間のアルバイトを経験し、飲食店の現場事情に精通。
今でもお店を訪れるとスタッフの動きが気になってしまう、自称『店舗事情ウォッチャー』。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 「株式会社ビロー」様導入事例 今回お伺いしたのは、大阪府岸和田市にある「株式会社ビロー」様。自…
  2. パワハラ問題の正しい対策方法とは?定義や種類をもとに徹底解説!
    ※この記事は2020年11月13日に最新情報へと更新しました。 会社内におけるパワーハラスメント(…
  3. ※この記事は2020年10月28日に最新情報へと更新しました。 企業の成長を支える人財育成にお…
  4. あなたの会社は大丈夫?私たちができるパワハラ対策
    ※この記事は2020年10月20日に最新情報へと更新しました。 パワハラ問題がメディアで取り上…
  5. ダイリキ株式会社様 導入事例 今回お伺いしたのは、大阪市西区に本社を置く「ダイリキ株式会社」様。創…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

サービスを見る

人材育成セミナー・接客・販売研修 サービス業界特化の定額制研修グローイング・アカデミー

おすすめ記事

  1. 「株式会社ビロー」様導入事例 今回お伺いしたのは、大阪府岸和田市にある「株式会社ビロー」様。自…
  2. パワハラ問題の正しい対策方法とは?定義や種類をもとに徹底解説!
    ※この記事は2020年11月13日に最新情報へと更新しました。 会社内におけるパワーハラスメント(…
  3. ※この記事は2020年10月28日に最新情報へと更新しました。 企業の成長を支える人財育成にお…

メルマガの登録

H&G通信 メルマガ登録はコチラ!
サービス業界特化!人材育成に役に立つ情報を配信! ......................................
無料メルマガ学習 『メルマガ学習』の登録はコチラ!
1ヶ月で学ぶ「一流の育て方」好評配信中!
ページ上部へ戻る