1日5分でどんな人でも一流に育つノウハウが学べる!無料メルマガ学習

グローイング・アカデミー 定額研修 TOP講座について講座紹介【M-101】ワクワク思考を身につけよう

【M-101】
ワクワク思考を身につけよう

モチベーション

こんな方に最適な講座です

  •     ①自分に自信が持てなかったり未来に不安を感じている方
  •     ②内面を変えてもっと仕事で成果をだしたいと思っている方

講座の概要

「ワクワク思考」を理解し、「ワクワクしている自分」を毎日演じ続けることで、成果のだせる自分に変化をさせていく講座です。人には器があります。努力はその器にたまります。その量が仕事の成果です。つまり器が大きい人が努力をすると大きな成果を手にすることができます。この器は「セルフイメージ」と呼ばれているものです。「私はいつも達成できる人だ」と自分に自信があるタイプのセルフイメージを持てると、器がどんどん大きくなるのです。自信がもてない人が、自信のあるセルフイメージになるために、「ワクワク思考」を身につけます。

▼学習のポイント

  •     ①成果を形作るセルフイメージを知る
  •     ②ワクワク思考への第一歩、「言葉」を変える

モチベーションUPに関するその他の講座

【M-103】仕事を楽しむシンプルな習慣~小さなことからあなたが変わる~
サービス業という仕事を“楽しむ”という考え方を学ぶ講座です。ヒントは自分の中にあります、扉は内側からしか開きません!仕事を楽しむための行動をワークを通じて体感し、ほんの少しの行動を変えることがモチベーションの向上につながることを学びます。
【M-104】仕事がうまくいく人の折れない“自信”の作り方
この講座では自分の強みの見つけ方、活かし方を学び“自信”を育みます。まず、自分の強みを知り、逆境にも立ち向かえる考え方を身につけ、さらに、自己分析によりコミュニケーションタイプを知ることで、仕事の中で「強み」を活かす手法を学びます。自分と仲間の「強み」を認め、活かしあい、弱みを補い合うことができるようになります。
【M-105】評価されるコツ!「辞められると困る!」と言われる社員がやっている仕事のコツ
上司から評価されるようになるための仕事術を学ぶ講座です。ダメダメ社員から、店舗売上150%アップを実現した凄腕社員となった講師が“評価されるコツ”をお伝えします。評価されている人は、みんなが当たり前だけど気づいていない“ちょっとした習慣”で差をつけています。評価されるとはどういうことか?評価されるにはどうしたら良いのか?という根本から考え、評価されるためには心でなく行動を変えることが重要であることを理解します。先輩、上司、そして会社から選ばれる社員になるために必要な仕事のテクニックを身に付けることができます。
【M-106】結果を出しながら人を育てる上司の魔法(店長・管理職向け)
スタッフ全員が、やる気を持ち、楽しく働き、成果を上げる「最高のチーム」はどうしたら生み出せるのか。「最高のチーム」の創り方を学ぶ講座です。より良いチームを創るには?チームのやる気に火をつけるには?部下を追い詰め、罵倒する「北風のマネジメント」で成果を出し、社で表彰をされるも、自分以外は誰も喜ばない悲しく辛い講師の体験に基づき、このとき味わった「上司として最悪の挫折」を糧に、「太陽のマネジメント」にたどり着いた考えをお伝えします。
【M-109】目からうろこの男女の違いから学ぶ女性指導術~上司のための女性スタッフマネジメント法~
この講座では女性スタッフがより活躍するために、男女の脳の仕組みや価値観の違いを理解し、女性スタッフの育成方法や注意点、理想の上司像について事例を取り入れ学んでいきます。男性上司は女性スタッフに対して、どうしていいのかわからないことがたくさんあります。では女性上司だったらうまくいくのか?というとそうではなく、女性上司にも悩みがあります。女性スタッフがより活躍できるように、その手法を学びます。

その他の講座について知る

「モチベーションUP」に関するお役立ち情報

  • 評価制度で離職率が劇的に変わる!制度構築のポイントをご紹介します!

    いま多くの企業で人手不足が深刻化しており、対応を迫られています。売り手市場でもある現代において重要なのは、いまいる従業員をいかに辞めさせずに活かせるかではないでしょうか。そこで今回は、従業員が定着し成長し続けるために重要である「評価制度」についてご紹介して参ります。

  • 生産性向上のヒントは心のケア!

    生産性向上のための取り組みとして、政府が主導となり施行された働き方改革関連法案における法改正や、少子高齢化に伴う人手不足の影響による雇用問題など、現在の日本企業を取り巻く環境は、日々激しく変化しています。 そんな昨…

ページ上部へ戻る