入会企業様インタビュー入会企業様インタビュー

入会企業様の声をご紹介いたします。
入会企業様に、グローイング・アカデミーへの期待、活用方法についてお伺いしました。

株式会社BIRDELL 様

株式会社 BIRDELL様の店内の様子

今回はグローイング・アカデミーの講座を、積極的ご活用いただいている株式会社 BIRDELLの伊藤店長、廣田店長にその活用方法について伺いました。また、お二人への期待について 代表取締役 鳥井伸隆様にも伺っています。

株式会社 BIRDELLは、「メンズ脱毛専門店 BOWZU」として、名古屋・東京それぞれ2店舗を展開、男性の髭を中心に腕や脚などを含めた脱毛サロンを運営しています。

“一歩進んだ身だしなみ” “毎朝の髭そりから解放されたい”として、若い方から年配の方まで幅広い層のお客様がご利用されている。

あまり知られていない業態ですが、需要は多く、濃い髭や体毛にコンプレックスを抱えた方はもちろん、“一歩進んだ身だしなみ” “毎朝の髭そりから解放されたい”として、若い方から年配の方まで幅広い層のお客様が利用なさるそうです。

第一印象が大切なのは男性も同じです。
これから、注目されるサービスの一つです。

7月にご契約いただいてからすでに店長2人が受講された講座は

  • お店を必ず元気にする“スーパー店長心得”
  • あなたを素敵に輝かせる“おもてなし5原則”
  • 『仕事の基礎力』マスター ルールとマナー 発展
  • クレームをギフトに変える仕組み@

インタビュー当日も、お二人で「おもてなしトレーナー育成・基礎 “お手本となれる人を育成する”」を受講いただいた後にお時間をいただきました。
新宿店 伊藤宏治店長 24歳 勤務4年
渋谷店 廣田稔店長 32歳 勤務1年半

講座を受講しての感想をお聞かせください
<こんなサービスがあることをお客様に知って欲しい。その想いを伝えるのは、“お辞儀”や“傾聴”でした!>
伊藤店長
講師の方が教えてくださることは、ひとつ一つ説得力があります。お辞儀一つにしても、講義を聴きそしてやってみると全然違いますね。お客様から、これまでコンプレックスだったことを打ち明けていただけるときは、本当に嬉しいのですが、そういうときにも今日教えていただいた傾聴の方法などをやれば、もっと話しやすくなるなと思います。 オシャレになりたいというお客様はもちろん、もっともっと、悩みやコンプレックスを抱えたお客様に、こんなお店があることを知って欲しい。そのために、自分がもっと勉強したいと思いました。自分は、本当に知らないことが多いんですけど、ここでは大切なことをとてもわかりやすく教えてもらえます。楽しいです。お店のスタッフも「自分も行きたい」と言っているので、これからはスタッフも参加します。
<店長として、「お客様も部下も、結局同じなんだ」と気づけました!>
「お客様との信頼関係も、部下との人間関係も、結局同じなんだと気づけました」と廣田稔店長
廣田店長
私の場合は、講座によっては既に知っていることも出てくることがあります。でも、知っているけれど実際できているかと言えば、そうでないこともあります。それに気づいて、決意して実行する・・その反復ができることが、大切なんだと思います。 また、指導する立場として、講師の方々の立ち居振る舞いに注目しています。
姿勢や言葉遣いも素晴らしいですが、こちらが質問に答えるだけで、“ありがとう”と言ってくれて、受講者一人ひとりの目を見て、失敗しても“必ずできます”と励ましてくれますよね。指導するってこうするんだというお手本です。 そして、お客様との信頼関係も、部下との人間関係も、結局同じなんだと気づけました。
講座で習ったことを、すぐに店内に共有いただいたそうですね
<講座で習ったことを、すぐに店内に共有しました。皆が同じことに気づけるのは、とても嬉しいです。>
廣田店長
はい、「仕事の基礎力マスター 発展編」でやったPDCAサイクルの実習を店内全員にやらせました。
あの実習は、自分にもインパクトがありました。どうしてもチェックが抜けます。 スタッフも、チェックが落ちていました。そこがわかったスタッフから「おお〜」って歓声があがって、ウケウリだけど気分良かったですよ。(笑)
<自分が言っても伝わらない部分は、スタッフが講座を受講することで素直に受け入れてくれました>
伊藤店長
自分は挨拶の基本も知らないことが多かったんですが、お辞儀の仕方なんかも講座でやったとおりにスタッフにお互いそれぞれの様子を見せて印象や感想を交換して、より印象が良いようにという意識ができるようになったと思います。
これまでは、スタッフとの面談も一部としかやっていませんでしたが全員とやるようにしました。 先日、スタッフの一人がやはり講座に参加して、指示の受け方や報告の重要性を聞いてきて、自分も第三者である講師の方に言われて気持ちが引き締まりましたが、彼もこれまで店内でも指導はしてきたけれど、講師の方に言われて素直に受け取れたみたいで、報告の重要性を理解してくれたので良かったですね。
最後に、今後の展望をお聞かせください
<プロフェッショナルの集団になりたい!>
廣田店長
プロフェッショナルの集団になりたいです。施術はもちろんですけど、接客もスタッフ指導でも。
そうすることが一番お客様のためになることだと感じています。
<若いスタッフが活躍する店内で、実力ある店長を“人材育成のプロ”に>
株式会社 BIRDELL 代表取締役 鳥井伸隆様に、お二人への期待をうかがいました。
今後のお二人への期待をお聞かせください
鳥井社長 
研修で習ったことを、店内に共有していることは報告があがっています。まだまだこれから習ったことを試行錯誤しながら活用するという段階です。色々な刺激を受けて吸収していって欲しいと思います。
私は、服装や言葉遣いなどは一切気にせずに、本質を見て採用しています。例えば伊藤などは髪型や服装では、どこの会社でも採用されないかも知れないようなタイプでした。でも成長したいというやる気や、素直な気持ちがあるので採用し、店長になっています。 2人にはそれだけの実力があります。
しかし、年齢が近いスタッフの中では、気持ちが伝わらない・何故これができないのかわからない・もっと店長に認めてほしい等ぶつかることも出てきます。私も手助けをすることもありますが、彼らにもプライドがありそこも大切です。 そういう部分を、グローイング・アカデミーの講座で、理論やスキル、他社の店長との交流で補っていき、最終的には“人材育成のプロ”になって欲しいです。

お問い合わせ・資料請求


ページの先頭へ戻る

ページ上部へ戻る