HOME事例 / 実績 お客様の声株式会社くりこ 様

株式会社くりこ 様

お客様の声(事例/実績)

種類豊富な焼きたてのたい焼きが人気
種類豊富な焼きたてのたい焼きが人気

今回は神奈川、東京、埼玉、千葉で50種類以上のメニューの中から「定番商品」「季節限定商品」「期間限定商品」など常時6種類のたい焼き、そして和菓子を提供されている「株式会社くりこ」様にお邪魔致しました。
くりこ様には通学型、そしてオンデマンド型も導入頂いており、今回はe-ラーニング事業部の商材「グローイング・アカデミー オンデマンド型研修」をメインに、その活用方法などを常務取締役 磯貝幸太様にいろいろと貴重なお話を伺って参りました。

御社の目指している社風、大切にしていることを教えてください

磯貝様
弊社では、従業員満足度を高める事がサービスアップにつながり、売上アップにつながる!と考えております。その為にはやはりコミュニケーションが重要だと考え、入社後には月1回の面談を3カ月続けて行い、悩みがあれば相談ができる環境づくりを意識して用意するようにしています。人材採用にも力を入れ、休みの充実をはかり、社員に過度な労働をさせないようにしています。現場も本部も一緒になってお店を盛り上げていけるような社風づくりを目指しています。
教育については本当に重要だと思っていますので、実は、アルバイトの募集広告にも「社内研修に加え、社外の研修も充実しています」とうたっています。因みに「社外研修」とはグローイング・アカデミーのことを指しています。

オンデマンド型研修を導入されたきっかけとどのように利用されているかを教えてください

神楽坂店では店内でドリンクも楽しめます。
神楽坂店では店内でドリンクも楽しめます
磯貝様
2014年7月から 通学型研修(以下通学型)の新宿校・横浜校に通い始めました。以前は店長がメインで受講しに行ってもらっていましたが、今ではアルバイトの方が主に利用しています。というのも、出店を増やしてきたこと(2016年3月現在31店舗)で店長も忙しくなって、店舗を空けることが難しくなってきました。そこで店長には、月に1度集まる店長会議の場でグローイング・アカデミー オンデマンド型研修(以下オンデマンド型)を利用することにしました。
通学型は講師の生の声で学べるということに加え、他業種の方と交流を図ることができるという良い面がありますが、オンデマンド型は同じ会社で同じ(店長という)立場の人と同じテーマをディスカッションできるのでディスカッション自体も深いものになって、会議後には会社としての一体感が出てきたなぁと感じるときがあります。内容も通学型と同じなので安心しています。
因みに先日の店長会議では、SNSの知識について炎上事例から学ぶというテーマの講座(講座No.D-5)を皆で勉強しました。

オンデマンド型の研修を行う際に気をつけているポイントはありますか?

磯貝様
研修によってしっかり学んでもらい、それを普段の業務に生かして欲しいので、私自身が研修を行う前日までには必ず研修動画を確認し、予め弊社で重要と思われるところを認識しておきます。 研修の内容をしっかり理解しておくことで、重要なポイントをしっかり伝えることができ、補足が必要な箇所では画像を停止して適宜コメントしながら、進行していくように心がけています。

オンデマンド型研修はアルバイトの方にも受講してもらっているのですか?

冷やしたい焼き
夏には冷やしたい焼きを販売。
夏もたい焼きを楽しむことができます
磯貝様
そうですね。アルバイトの方も社員候補になっている方には受講してもらっています。
私自身でどの講座を受講すべきか選択しています。グローイング・アカデミーには仕事の基本や接客の基本の講座があるので、そこで学んでくれれば、店舗に入っても学習したことが早速生かせるので本人は安心して仕事ができると思うんです。安心して仕事ができれば余裕も生まれ、入社後に社員と一緒にお店を盛り上げられると思っています。

教育へ力を入れられるようになってきて、従業員の方の意識は変わられましたか?

磯貝様
サービスレベルのQualityは確実に上がっていると自信をもって言えます。むしろ今は研修を受けて自分を磨こうという雰囲気に会社自体がなってきていて、従業員のモチベーションが高まってきているのを実感していて非常によい効果だなと思っています。グローイング・アカデミーでの学びが、いろいろなことの気づきのきっかけになっています。

今後、グローイング・アカデミーをどのように活用したいですか?

磯貝様
実はまだGAP(グローイング・アクション・プラン)シートをうまく活用できていません。
講座を受講してどう行動に変えていくかを受講後に皆が書いてくれているわけですが、彼らの行動に対してその後追いが残念ながらできていません。なるべく早くその仕組みづくりをしていきたいと思っています。

最後に従業員の皆さんには今後どうなって頂きたいとお考えでいらっしゃいますか?

磯貝様
弊社では社員から経験を積み店長職へ、スキルを磨いてエリアマネージャー職へというステップアップの道も用意しています。また他にも本部の社員や商品管理、開発に携わるような仕事もあります。
どの仕事に就いても、重要なことはお客様目線で考えることであり、従業員皆がものごとをしっかりと考えてくれる人材に育っていって欲しいと思いますし、私は会社としてその環境を整備することに力を注いでいきます。

編集後記

磯貝常務の教育・人材育成に対する強い気持ちがとても心に響いてきました。社員はもちろんのこと、アルバイトの方にも弊社の新宿校又は横浜校に行って講座を受講するようにしていること。入社後3ヶ月間は毎月面談を実施、実際の業務を行って入社前のイメージとのギャップがないかなど個別面談を実施。また従業員とは、3ヶ月に1度コミュニケーションをとるようにしていること。いずれも聞けばそれほど難しくはないことですが、それを本当に実践できている企業様は多くはないのが現状です。磯貝常務はお忙しい中でも人を育成するということが重要な経営課題であるという信念を持っていらっしゃるので、徹底してこのようなことができているのだと感じました。
今回ご協力頂きました株式会社くりこの磯貝常務様、お忙しい中、貴重なお時間とお話を頂き、誠にありがとうございました。

ページ上部へ戻る