管理職研修の必要性を理解しよう!管理職研修の目的・種類とは?

管理職研修の必要性を理解しよう!管理職研修の目的・種類とは?

管理職研修はなぜ必要なのでしょうか?中間の管理職層が正常に機能せずに業務が滞っている現場や、ストレスの多い職場を、あなたも目の当たりにしたことはありませんか。その原因は、管理職として必要な知見が欠けているからです。管理職の成長は、会社の未来に大きく関わる重要な問題となります。こちらの記事では、管理職に必要なものや管理職研修を実施する目的について紹介していきます。

1.管理職研修の必要性

まず、管理職研修の目的・必要性について考えてみましょう。チームを率いる立場にある管理職に迷いがあると、部署全体が進むべき道を見失うことにもなりかねません。よって、管理職が抱えている悩みを解消することこそが、管理職研修の目的です。そしてその管理職特有の悩みは、どんな優秀なビジネスパーソンも持つものといえます。なぜなら、管理者には仕事をこなす以外のスキルが求められるからです。スポーツでもいわれるように、名選手だからといって名監督になれるわけではないのです。
では、ひとりのプレイヤーから管理側に回ったとき、どのようなスキルが必要になるかを考えていきましょう。

1-1.チームや組織を円滑にまとめるスキル

組織を円滑にまとめるためには、チームの課題設定や方向性をはっきりさせる必要があります。チーム全体の一体感を生みだすためにも、同じ目標に向けて組織を動かすノウハウが必要になるのです。

1-2. 部下をスキルアップさせる育成ノウハウ

また、部下をスキルアップさせる育成ノウハウが必要です。部下の育成がうまくいかなければ、部下に仕事を任せられないという状況になってしまうので、部下を適切に成長させるスキルが必要となります。

1-3.他部署との連携や調整スキル

また、管理職は他部署や直属の上司など関係者との接触機会が増えることになります。したがって、さまざまな業務を取り巻く環境での他部署との連携や調整スキルも必要になるのです。

1-4.プレイヤーとマネージャーの業務のバランス

そのほかにも、プレイヤーとしての業務とマネージャーとしての業務のバランスがとれないことが原因となって、管理職としての役割を果たせない場合があるため、双方のバランスを取ることが重要になります。

1-5.適切な評価と面談を行う能力

さらには、部下に対して正当な評価を下し、面談を行うのも管理者としての重要な役割です。それは、部下の業務へのモチベーションや成果にも直結するため、管理職としての評価能力は重要になります。特にサービス業の現場などで、社員がお客様から受け取っている評判と、会社での評価の間とで、ずれが生じていることがあります。そういった場合、社員のモチベーションを低下させ、離職率を増加させる要因にもなります。どのような行動・成果が会社での評価に値するものなのか事前に認識を合わせる評価基準の擦り合わせもまた重要といえるでしょう。

1-6.店舗や支店ごとの営業成績の均一化

サービス業において店舗や支店が数多くあり、各店ごとの営業成績に差異が大きい場合もあるでしょう。そのようなときに、各店の支店長や店長などの管理職を集めて管理職研修を行うことで、同じサービスを提供する会社・組織としての連携意識や、競争意識を育むことにも役立ちます。

2.管理職研修の種類と目的

管理職研修には、目的に応じて「新任管理職研修」「チームビルディング研修」「管理職研修」「上級管理職研修」の4種類があります。新任管理職研修は、管理職をスタートするにあたって、管理職の業務を行うのに必要な基礎的なスキルを身につける研修です。チームビルディング研修では、ゲームなどを通してチームワークを向上させるためのスキルを身につけます。管理職研修は、管理職としての指針を学び、「組織」「業務」「カネ」「ヒト」をバランスよくマネジメントするためのノウハウを習得する研修です。

上級管理職研修では、経営する立場から、リスク管理や新規事業の立ち上げなどに必要となる経営数字の捉え方及び、組織全体のマネジメント手法を学びます。実施する研修は、目的に応じて適切に選択することが重要です。

3.管理職に求められる役割

それでは、管理職に求められる役割とは何かを考えていきましょう。管理職の役割は、簡単にいえば、売上目標など担当部署の目的を達成することと、部下を育成することです。しかし、近年ではグローバリゼーションや社会状況の変化、進歩するIT技術などに対応するため、より幅広いスキルが管理職に求められるようになっています。

3-1.多様な人材が活躍できる環境づくりの役割

前述のとおり、グローバリゼーションや社会状況、目まぐるしく変化するIT技術に対応すべく、企業にも社員個人にもより多様性や創造性が求められるようになっています。そういった変化に応えられるよう、より多様な人材が活躍することが企業の成功にもつながるといえます。そのため、様々なスキルをもった人材が最大のパフォーマンスを発揮できるよう、それぞれにあった環境づくりを実現させる役割が管理職に求められます。

3-2.IT技術を積極的に導入し、生産性を向上する役割

ITの発展によりビジネス環境も日々変化しています。ITが革新的に発達し続ける現代において、従来のシステムにこだわりすぎず、積極的にIT技術を導入して生産性を向上させる役割も管理職には求められるでしょう。

3-3.人と人とをつなぐヒューマンスキル

組織は人の集合体です。各々の能力が高かったとしても、まとまりがなければ成果は期待できません。管理職に求められる役割は人体に例えると、各部位をつなぐ関節のようなものです。人と人とをつなぐヒューマンスキルも重要になってくるでしょう。

4.管理職に求められる能力

組織を管理する管理職にとって、特に重要な業務は部下の指導及び育成です。では、部下の指導や育成にはどういった能力が必要とされるのでしょうか。管理職に求められる能力を具体的に見ていきましょう。

4-1.部下の目標設計をする能力

まず求められるのは、部下の目標設計をする能力です。部下一人ひとりの特性を理解し、部下の希望を理解したうえで、個々人に見合った目標を設定する必要があります。また、部下の仕事を適切に把握したうえで、各々がスキルアップできるように部下をサポートする能力も必要になるでしょう。

4-2.部下一人一人に寄り添ったサポート、フィードバックや指導を行う能力

特にサービス業の現場などでは、第一線での接客のクオリティの低下が顧客のクレームを呼ぶ原因にもなっているので、サービスの全体的な底上げを図るためにも、部下一人ひとりに見合ったサポートが必要になります。そのほかにも、部下の仕事に対して、適切にフィードバックを行い、部下と課題の発見と共有をして、改善できるよう寄り添って指導をする能力も必要になるでしょう。

5.働きやすい環境づくり

さらには、仕事の細部だけではなく、部下がモチベーションを維持して業務に取り組めるような、働きやすい環境づくりや部下の指導を通して組織全体を管理する能力が重要になります。

6.外部の管理職研修を使うメリット

それでは、外部の管理職研修を利用するメリットについて見ていきましょう。外部の管理職研修では、研修に特化したノウハウを持つプロの講師が担当するため、自社の目的に見合った研修を受けられます。そのうえ、活用例や実績が多いため、具体的な効果を得られるプログラムを適切に選択し、効率的な研修成果を得られるというメリットがあるのです。

そして、同じ講師や同じ研修会社を利用することによって、経過に応じた長期的な成果を得るための研修を実施してもらうことができます。また、会社外の情報を取得することで、社内に新しいノウハウを蓄積できたり、社内の問題点を発見し解決するきっかけになったりすることが、外部の管理職研修を開催する大きなメリットといえるでしょう。

7.管理職研修「H&G IN-HOUSE TRAINING 出張研修」について

H&G IN-HOUSE TRAINING 出張研修」は、クライアントが希望する研修会場に講師を派遣して、管理職研修を行うサービスです。本サービスの特徴は、各々の会社の課題や目的に応じて講座の選択やカスタマイズができるため、効率的で効果の高いオリジナルの研修を受けられることが挙げられます。また、年間で100回以上の実績があるので成功事例も豊富で、経験豊富な人材育成のプロ講師が研修を担当することです。長期的なプランでは、研修後の成果に応じたフォローアップ研修も人気です。

8.管理職研修を開催しよう

管理職研修が企業の成長のために不可欠であることが理解できたことと思います。管理職を育成することが、ひいてはスタッフ全員の育成にもつながります。成長し続けることで、やがては会社全体に利益を生み出すのです。効率的で現場に応じた管理職研修の開催をお望みならば、「H&G IN-HOUSE TRAINING 出張研修」をおすすめします。あなたの会社にぴったりの管理職研修にカスタマイズが可能ですので、興味のある方はぜひご検討されてみてはいかがでしょうか。

関連するサービス

H&G IN-HOUSE TRAINING 出張研修

グローイング・アカデミー 担当者グローイング・アカデミー担当者

投稿者プロフィール

株式会社ホスピタリティ&グローイング・ジャパンにて、
各種サービスの企画担当を経て、現在はマーケティング部門にて編集を担当。
学生時代は居酒屋店員として4年間のアルバイトを経験し、飲食店の現場事情に精通。
今でもお店を訪れるとスタッフの動きが気になってしまう、自称『店舗事情ウォッチャー』。

この著者の最新の記事

関連記事

GA LIVE ハラスメント研修 GA LIVE ハラスメント研修
ページ上部へ戻る