新人研修の成功は目的で決まる!目標設定のポイントや具体例など紹介

新入社員や中途採用の社員の教育にあたって、新人研修を行う企業が多いでしょう。新人研修を成功に導くためには、自社にとっての最適な目的や目標を設定することが重要です。今回は、新人研修での目標設定のポイントや具体例などを詳しく紹介していきます。

1.新人研修は何をする?新人研修の概要について

新人研修を行うのは、入社してきた新卒社員や中途採用者に向けて、自社の事業内容の説明や業務スキルを教えることにあります。新人研修では、新卒社員と中途採用者の両方が対象になるものの、社会人としての経験に差があるため、研修カリキュラムの内容はそれぞれで異なることもあるでしょう。中途採用者であれば、すでにビジネスマナーなどは身につけているので、より実践的なスキルを身につけさせるといった場合が多いのです。新人研修を行うにあたっては、対象者によって内容を柔軟に変えていく必要があります。

2.新人研修を行う基本的な目的とは?

新人研修を成功させるためには、研修の目的を明確にしておくことが大切です。新人研修を行う基本的な目的について、詳しく解説していきます。

2-1.企業理念や事業内容の把握

新人研修では、まず自社の企業理念や事業内容を把握してもらうことが重要です。社会に対してどのような価値を提供し、企業としての役割を担っているのかを正しく理解してもらう必要があります。新卒社員だけでなく、中途採用者のなかには業界未経験の人もいるので、業界全体のおおまかな流れや仕組みも教えていくことが大切です。企業理念などは一度で身につけさせようとするのではなく、繰り返し研修を行うなかで徐々に浸透させていきましょう。

2-2.業務に必要な技術や知識を身につける

研修後にスムーズに業務を遂行してもらうために、必要な技術や知識を身につけさせるのも新人研修の大きな役割です。新卒社員には、電話対応や名刺の渡し方といった基本的なビジネスマナーを教える必要があります。その一方で、中途採用者は社会人としての基本的なスキルは身につけているので、すぐに配属先で活躍できるような実践的なスキルを身につけさせることが大切です。現場の社員の意見も交えながら、どのような研修内容にするのかを練り込んでみましょう。

2-3.同期や先輩社員との交流

入社をして間もないころには新卒社員や中途採用者を問わずに、同期や上司などと新しく人間関係を築いていく必要があります。良好な人間関係を築いていくことによって、離職防止につなげる狙いもあるのです。研修カリキュラムのなかには、グループでロールプレイングを行ったり、研修の受講者同士で自己紹介をしたりする項目を盛り込んでおきましょう。同期や先輩社員と交流する機会を設けることで、日ごろのコミュニケーションが取りやすくなり、業務もスムーズに行えるようになります。

2-4.社内ルールの理解

企業によっては、社内でさまざまな独自ルールを設けているところもあります。たとえば、データの漏えい防止のために私有機器の取り扱いを決めることもめずらしくありません。また、接客業であれば身だしなみの基準を設けるといったことも行います。中途採用者の場合であれば、前職との違いからギャップを感じてしまうこともあるので、ルールを設ける目的についても丁寧に説明しておく必要があるでしょう。単にルールを押し付けるのではなく、なぜ守らなければならないのかを明確することが重要です。

3.新人研修において目的・目標設定が重要である理由とは?

新人研修において、目的や目標の設定がなぜ重要であるのかの理由を解説していきます。

3-1.適切な研修内容を盛り込むことができる

研修の目的や目標を明確化することで、無駄のないカリキュラムを組むことができます。無理のない研修内容を盛り込むことによって、受講者が目標を達成しやすくなり、モチベーションのアップにつなげていけるのです。たとえば、営業で成果を出せる人材を育てることが目的であるなら、コミュニケーション研修に重点を置いて研修を行ってみると良いでしょう。

3-2.受講者に目的や目標を共有することでモチベーションアップにつながる

研修の目的や目標を設定したら講師側だけでなく、受講生にも共有していく必要があります。企業側がどれだけ充実した研修内容を盛り込んだとしても、受講生から見たときに「何の目的で取り組むのか」という疑問が解消しなければ、研修を受けさせられているという受け身の意識になってしまうものです。研修の最初の部分で、目的や目標を共有することで受講者のモチベーションアップにつなげていけるでしょう。

3-3.企業の即戦力となる人材の育成につながる

企業側としては、事業の成長に貢献できる人材を育てたいという欲求があります。新人研修では、現場で即戦力となる人材を育てることを目的とすれば、実践的かつ役立つカリキュラムを立てることができ、即戦力となる人材の育成を行っていけるでしょう。実践的な内容の例としては、営業研修の場合は顧客設定を綿密に行い、実際に自社商品を用いてロールプレイングをすることが有効でしょう。提案力や質問力を鍛える機会となります。

新人研修ではどのような人材を育てたいかという明確な目的がなければ、適切なカリキュラムを実施することができません。その結果、企業にとって事業成長に貢献できる人材を育てられないことになります。一方で、目的を明確にしておけば講師側・事項者側の双方が同じ目的を持って研修を実施できるので、効果的な人材育成の機会となるでしょう。

4.新人研修の目的・目標設定をするときの3つのポイントとは?

新人研修の目的や目標を設定する際に押さえておくべき3つのポイントを紹介します。

4-1.抽象的なものでなく具体性を意識する

新人研修で設定する目的や目標は、受講生にも共有する必要があるのでわかりやすく、具体性のあるものでなければなりません。たとえば「社会人としてのビジネスマナーを身につける」だけでは、具体的に身につけてどう活用するのかというところが不明確でもあります。そのため「社会人としてのビジネスマナーを身につけて、取引先や顧客と良好な関係を築く」というように踏み込んで設定をする必要があるでしょう。

4-2.過去の新人研修の成果を参考にする

過去の新人研修のデータは、自社にとって大きな財産でもあります。新人研修を行う際には、過去のデータを参考にして新人の社員が業務においてどんな成果を出し、自社にとってどのような影響を与えたのかを見る必要があるのです。たとえば、過去に「営業で結果を出せる人材を育てる」という目的で研修を行なった結果、新人のなかで社内表彰された人材がどのくらい存在するのかを確認するのもひとつの方法です。前年度に研修を受けた社員にヒアリングなどを行って、必要な情報を集めてみましょう。

4-3.自社が抱える問題・課題を洗い出す

自社が現在抱えている問題や課題から、研修の目的や目標を設定する際のヒントを得ることができます。たとえば、人材不足ですぐにでも販売スキルを兼ね備えた人材が必要なアパレル企業の場合、研修の目的は「現場ですぐに活躍できる販売員の育成」と設定できます。そうした目的を軸として、販売スキルを身につけることを目標とした研修カリキュラムを組んでみると効果的でしょう。

5.新人研修の目的・目標設定をするときの注意点

ここでは、新人研修の目的や目標を設定する際に注意すべき点について解説します。

5-1.新入社員と中途社員をわけて考える

新人研修を行う際、社会人経験のない新卒社員には基本マナーやマインドセットを身につけさせる必要があるでしょう。その一方で、中途採用者は社会人経験があるため、基本的なビジネススキルやマナーを改めて教える必要はないのが一般的です。こういった違いがあるため、研修の目的を設定するときには新卒社員と中途採用者で分けるようにしましょう。特に中途採用者の場合であれば、即戦力となることを期待されて採用されているので、すぐに現場で活躍できるような目的設定が重要となります。

5-2.研修を実施することだけが目的にならないようにする

研修を実施する際に注意しておきたいのが、研修を行うことだけが目的化してしまうことです。形だけで終わってしまうような研修であれば、新人の社員は学んだことを実際の業務で活かすことができません。そうしたことを防ぐために「現場で必要なことは何か」「どういった人材を育てたいか」という点をしっかりと見つめながら、時間をかけて目的設定を行うことが大切です。

5-3.高すぎる目標設定はしない

新人研修を成功に導くためには、あまり高すぎる目標設定をしないほうがよいでしょう。実態とかけ離れた目標設定を行ってしまうと、受講者の理解が追いつかずに失敗してしまう可能性があります。高すぎる目標の例としては「営業もできて、リーダーシップも発揮できるようになる」といった内容であり、新人に対して求めることが多すぎると言えるでしょう。あまり厳しく教育しようとすれば、早期離職にもつながってしまうので注意が必要です。研修を実施する側にとっては当たり前のことであっても、慣れていない新人にとっては厳しいと感じることもあります。そのため、研修担当者は受講者の目線に立ち、適切な目標設定を行う必要があるのです。

6.対象者別!新人研修における目的・目標設定の具体例

新人研修における目的や目標設定の具体例を対象者別に解説していきます。

6-1.新入社員向け研修の場合

新人向けの研修において「社会人として働くにあたっての心構えを醸成し、かつ基本的なビジネススキルやマナーを身につけ、主体的に動ける人材を育てる」といったことを目的とした場合の例を紹介します。この場合は「マインドセット研修」「ビジネススキル研修」「コミュニケーションスキル研修」を行ってみるとよいでしょう。それぞれの研修における目標設定としては、マインドセット研修では「学生の意識を脱却して社会人としての責任感を持てるようになる」といった点に照準を置いてみましょう。

また、ビジネススキル研修では「業務に必要な電話応対・ビジネス文書・報連相・名刺交換など基本的なことができるようになる」ことを目標にします。コミュニケーションスキル研修では「同期や職場の人間と円滑にコミュニケーションがとれるようになる」点に目標を置いてみましょう。

6-2.中途社員向け研修の場合

中途採用者向けの研修では「自社の経営理念や目指す方向性、会社文化を理解し、即戦力となるような人材を育成する」といった目的設定を行います。「企業理念・事業内容の理解のための研修」「業務スキル研修」「社内ルール研修」などが向いているでしょう。研修の目標としては、企業理念・事業内容の理解のための研修では「会社の企業理念や社内ルール、事業内容を理解して自社への貢献意識を養う」ことに重点を置きます。業務スキル研修では「現場ですぐに使えるスキルを研修期間内でロールプレイングなどを通じて身につける」ことを目標に置いてみましょう。そして、社内ルール研修では「職場の風土や会社の文化に慣れて、ストレスなく業務ができるようになる」点を意識してみましょう。

7.まとめ

新人研修の目的や目標を明確にすることで、新人社員にとって最適な研修カリキュラムを組むことができます。どのようなカリキュラム設定を行うか悩んでいる、もしくは実際に設定したカリキュラムで社内での取り組みがなかなかうまくいかないといった場合には、気軽に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

関連するサービス

新入社員研修

方山 敏彦

投稿者プロフィール

人事部で5年間のキャリアを持つ他、会社経営者として8年間、人材の採用・育成に従事。運営事業業種としてはサービス業であり、サービス業の現場の悩みや事例に精通。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 株式会社ギフト様
    株式会社ギフト様 導入事例 今回お伺いしたのは、東京都町田市の「株式会社ギフト」様。家系ラーメンな…
  2. メガエフシーシステムズ株式会社様
    メガエフシーシステムズ株式会社様 導入事例 今回お伺いしたのは、神奈川県相模原市の「メガエフシーシ…
  3. パワハラ問題の正しい対策方法とは?定義や種類をもとに徹底解説!
    会社内におけるパワーハラスメント(パワハラ)は、一種の社会問題として認識されるようになりました。上司…
  4. これはパワハラ?と思ったら確認!簡単にできるチェック項目を解説
    職場でのパワハラを防止するには、日頃からパワハラが起きていないかどうかをチェックすることが重要です。…
  5. 外国人採用は異文化への理解がカギ!社員研修の内容や採用後の注意点を紹介
    外国人の採用について、どのように進めていけばよいのか悩んでいる人事担当者の方もいるでしょう。外国人の…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

おすすめ記事

  1. 株式会社ギフト様
    株式会社ギフト様 導入事例 今回お伺いしたのは、東京都町田市の「株式会社ギフト」様。家系ラーメンな…
  2. メガエフシーシステムズ株式会社様
    メガエフシーシステムズ株式会社様 導入事例 今回お伺いしたのは、神奈川県相模原市の「メガエフシーシ…
  3. パワハラ問題の正しい対策方法とは?定義や種類をもとに徹底解説!
    会社内におけるパワーハラスメント(パワハラ)は、一種の社会問題として認識されるようになりました。上司…

サービスを見る

人材育成セミナー・接客・販売研修 サービス業界特化の定額制研修グローイング・アカデミー

メルマガの登録

H&G通信 メルマガ登録はコチラ!
サービス業界特化!人事の役に立つ情報を毎週配信! ......................................
無料メルマガ学習 『メルマガ学習』の登録はコチラ!
1ヶ月で学ぶ「一流の育て方」好評配信中!
ページ上部へ戻る